情報発信

情報発信ビジネスで爆発的ヒットを生む4つのコツ【アメリカで話題の多作思考】

  1. HOME >
  2. 情報発信 >

情報発信ビジネスで爆発的ヒットを生む4つのコツ【アメリカで話題の多作思考】

  • 情報発信ビジネスで爆発的なヒットを生むコンテンツを作成したい
  • 情報発信をする際の、投稿を続けるための思考法を知りたい
  • 情報発信でどんな方向性で発信するかを悩んでいる

 

そんな方に向けて、今日は「情報発信ビジネスで爆発的なヒットを生むための4つのコツ」を紹介します。

「Expert Secrets - Russell Brunson」に記載されていた内容をわかりやすく解説していきます。

 

情報発信は毎日継続的に行う必要があります。

しかし、毎日コンテンツを投稿することは想像以上の労力を要します。

 

世の中のインフルエンサーは、一体どのようにしてコンテンツを毎日投稿しているのでしょうか?

この記事では、その秘密を解き明かしていきます。

 

この記事は医大生貿易商のしょち先生が解説しています。

しょち先生の詳しいプロフィールは以下の記事を読んでください。

しょち先生のプロフィール・これまでの失敗を全て暴露します【2021年版】

しょち先生の自己紹介のページをご覧いただきありがとうございます。 このページでは、私のこれまでの人生の失敗・挫折・成功・転落を全てお見せいたします。   感情的に行動し、過去の努力を台無しに ...

続きを見る

 

 

情報発信ビジネスで爆発的ヒットを生む4つのコツ【多作思考】の図解

Be Prolific

情報発信でヒットを生むためには、とにかくコンテンツを量産することから初めないといけない。

 

コンテンツを量産しつつ、ヒットを生むための具体的な4つのコツは以下の通り。

コンテンツを量産しつつ、ヒットを生む4つのコツ

  1. 1年間、コンテンツを1日1つ投稿し続ける
  2. コンテンツは作るのではなく、「切り取る」
  3. コンテンツをテストし、反応を見る
  4. 奇抜で、少し変わったコンテンツを量産する

 

コンテンツを量産しつつ、ヒットを生む4つのコツ【情報発信ビジネスの4つのコツ】

ここからはコンテンツを量産しつつ、ヒットを生む4つのコツを詳しく説明していきます。

この4つのコツは海外のビリオネアであるRussell Brunsonが提唱しているものです。

 

1年間、コンテンツを1日1つ投稿し続ける【情報発信ビジネスのコツその1】

1post per day

少なくとも1年間、コンテンツを1日1投稿を続けることは必要不可欠です。

 

Instagram・Youtube・ブログ・Facebook・Twitterなど投稿の先は何でも構いません。

とにかく少なくとも1年間、コンテンツを毎日投稿し続けてください。

 

コンテンツを投稿している間に、

  • 自分は何を一番伝えたいのか?
  • どんなコンテンツを投稿することが一番得意なのか?
  • 本当に好きなことは一体何なのか?
  • どんな人を顧客にしてビジネスをしたいのか?

が見えてきます。

 

4つのコツを提唱したRussel Brunsonは3年間ポッドキャストを毎日投稿した後、一つのポッドキャストがヒットしそこからビジネスは飛躍しました。

コンテンツの毎日の量産こそが、あなたの情報発信を飛躍させる秘訣だと思ってください。

 

文章が得意ならブログやnoteから。

動画撮影が得意ならYoutubeから。(個人で動画編集をしながら毎日投稿し続けるのはほぼ無理なので、まずは無編集でOKです)

話すことが好きならPodCastから。

とにかく自分ができそうなことから、コンテンツの投稿を毎日し続けるようにしてください。

 

コンテンツは作るのではなく、「切り取る」【情報発信ビジネスのコツその2】

dont create

 

”Document, Don't Create (作るな、切り取れ)”

この言葉はアメリカのインフルエンサーであるGary Vaynerchukが提唱したもので、個人ブランドを形成するための投稿戦略です。

https://www.garyvaynerchuk.com/creating-content-that-builds-your-personal-brand/

 

1年間毎日投稿を続けるためには、「毎日面白いコンテンツを作らないといけない!」という思いは捨てるべきです。

まずはあなたの日常を「切り取ること」から初めてください。

 

ほとんどの人は自分を凄いように見せないといけないと思い込んでいますが、そんなことをする必要はありません。

自分を無理に凄く見せた投稿をしても、そんな投稿は絶対に続けられません。

あなたのありのままの日常を、切り取ることから初めてください。

 

切り取る日常の例としては、以下のようなものが挙げられます。

切り取るべき日常の例

  • 朝活で勉強したことを車の中で録音し、それをそのままPodCastに投稿する
  • 仕事の風景の写真をとりあえず撮影しておき、後でInstagramに戦略的に投稿する
  • 週末の家族と過ごしている風景を撮影し、その写真を投稿する
  • 日常生活で起こったことを、ありのままに投稿する

 

※SNSの投稿戦略については、以下の「JK5法」について述べた記事が非常に参考になります。

情報発信ビジネスで爆発的ヒットを生む4つのコツ【アメリカで話題の多作思考】

情報発信ビジネスで爆発的なヒットを生むコンテンツを作成したい 情報発信をする際の、投稿を続けるための思考法を知りたい 情報発信でどんな方向性で発信するかを悩んでいる   そんな方に向けて、今 ...

続きを見る

 

コンテンツをテストし、反応を見る【情報発信ビジネスのコツその3】

test content

コンテンツの投稿を毎日続けると同時に、そのコンテンツがどのような反応を得たのかテストをする必要があります。

 

コンテンツの投稿と共に確認すべき事項

  • 何がヒットを呼ぶ要因になるのか?
  • フォロワーの反応を得るためにはどんなコンテンツを提供すればいいのか?
  • フォロワーはどんなコンテンツを熱心に読み、どうすれば拡散してくれるのか?

 

これらの要素の確認を、毎日の投稿と同時並行で必ず行うようにしてください。

 

ブログならGoogle AnalyticsやSearch Consoleを使ってページの滞在時間や検索順位を確認してください。

TwitterやInstagramなら、インプレッション数やシェア数を確認してください。

PodCastならフォロワー数を確認してください。

 

とにかく毎日の投稿で「どんなコンテンツがヒットするのか?」を常に分析するようにしてください。

 

奇抜で、少し変わったコンテンツを量産する【情報発信ビジネスのコツその4】

be novel

残念ながら、普通の主張をするコンテンツは決してバズることはありません。

独特でユニーク、でも無視できないようなコンテンツこそが、人々の注目を集めます。

 

つまり爆発的に伸びるコンテンツは、「主流とクレイジーど真ん中にある」ということです。

「普通の当たり前のこと」と「クレイジーで世間には到底聞き入られないこと」の「真ん中に位置する奇抜なコンテンツ」を作成してください。

※図ではクレイジーと主流の中間のことを「奇抜」と表現しています。

 

「真ん中に位置する奇抜なコンテンツ」の例としてはDave Aspreyが立ち上げたブランドである「Bulletproof」が参考になります。

https://daveasprey.com/

Dave Aspreyは「バイオハッキングの父」として認知されており、アメリカのスターの一人です。

 

https://www.bulletproof.com/

Dave Aspreyが立ち上げたブランド「Bulletproof」は「コーヒーにココナッツオイルとバターを加える」という奇抜なダイエット法がヒットし、全世界に一気に広がりました。

(日本では”完全無欠コーヒー”という名前で知られています)

 

Dave Aspreyが立ち上げたブランドである「Bulletproof」は日本ではあまり認知されていませんが、海外では圧倒的な支持を誇っているダイエットブランドの一つです.

 

Dave Aspreyは自身の登山の経験を元に、「コーヒーや紅茶にバターとココナッツオイルを加える」というダイエット法を提唱しました。

そしてそのダイエットが奇抜で、でも無視できないほど面白い内容だったために、アメリカで一気に広がり、ありとあらゆる雑誌やテレビで取り上げられるようになりました。

その結果Dave Aspreyは「Bulletproof」の立ち上げに大成功し、アメリカで一気にミリオネアとなったのです。

 

このDave Aspreyの話こそが、「真ん中に位置する奇抜なコンテンツ」の代表例です。

あなたの発信するコンテンツは、奇抜で、でも馬鹿にできないような革新性を兼ね備えているでしょうか?

 

奇抜で、でも無視できないほど面白くて革新的なコンテンツ。

これこそが爆発的なヒットを生み、数万人にも及ぶあなたのファンを生む情報発信の鍵です。

 

情報発信ビジネスで爆発的ヒットを生む4つのコツ【多作思考】のまとめ

Be Prolific

情報発信でヒットを生むためには、とにかくコンテンツを量産することから初めないといけない。

 

コンテンツを量産しつつ、ヒットを生むための具体的な4つのコツは以下の通り。

コンテンツを量産しつつ、ヒットを生む4つのコツ

  1. 1年間、コンテンツを1日1つ投稿し続ける
  2. コンテンツは作るのではなく、「切り取る」
  3. コンテンツをテストし、反応を見る
  4. 奇抜で、少し変わったコンテンツを量産する

 

情報発信に関するこちらの記事もオススメです

 

power of story
文章の才能がなくても売れるストーリーを作る2つの方法【ストーリーテリング】

ストーリーを利用してビジネスを拡大させたい 売れるストーリーの秘密を知りたい 共感を呼ぶストーリーをビジネスで創りたい   そんな方に向けて、今日は「文章の才能がなくても売れるストーリーを作 ...

続きを見る

 

Attractive Characters
人を導き魅了するリーダーが持つべき14個の性格とは?【リーダーの基礎知識】

人を導くリーダーである起業家に求められる性格とは何でしょうか? 顧客や視聴者に信頼されるキャラクターが持つ特徴は何でしょうか? リーダーが持つべき最も大切な要素とは何でしょうか? 今回はそんな疑問にお ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人

しょち先生

物販で高利益なビジネスを実現するマーケティング&独立副業コーチ。21歳で物販ビジネスをはじめ、物販・ネットコンサルタントとして独立。副業から独立を目指す社会人を多数指導し、現在は高利益なビジネスを生み出すマーケティングの総合支援、副業支援を行う。ちなみに金沢大学の医大生。

-情報発信
-,