マーケティング

口コミマーケティングの成功事例を3つ紹介!【バタフライ・マーケティング】

  1. HOME >
  2. マーケティング >

口コミマーケティングの成功事例を3つ紹介!【バタフライ・マーケティング】

  • 口コミマーケティングを理解したい
  • 口コミマーケティングの成功事例を知って、自分の事業に取り入れたい
  • 口コミを増やすための一番大事な要素を理解したい

 

そんな方に向けて、「口コミマーケティングの成功事例」「口コミマーケティングの一番大事な要素」を紹介します。

「Expert Secrets - Russell Brunson」に記載されていた内容をわかりやすく解説していきます。

 

この記事では医大生貿易商のしょち先生が解説しています。

しょち先生の詳しいプロフィールは以下の記事を読んでください。

しょち先生のプロフィール・これまでの失敗を全て暴露します【2021年版】

しょち先生の自己紹介のページをご覧いただきありがとうございます。 このページでは、私のこれまでの人生の失敗・挫折・成功・転落を全てお見せいたします。   感情的に行動し、過去の努力を台無しに ...

続きを見る

 

 

口コミマーケティングの成功事例【バタフライ・マーケティング】の図解

Mike Silsaimeが「ほんの少しの違いで企業を大きく成長させるためには、紹介が大切である」と初めて主張した。

紹介を利用するマーケティング(口コミマーケティング)は元々「バタフライ・マーケティング」と呼ばれていた。

※口コミマーケティングはバイラル・マーケティングとも呼ばれます。

 

口コミマーケティングの成功事例としては以下の3つが有名

口コミマーケティングの成功事例

  1. Dropbox:TwitterやFacebookで拡散すれば、追加ストレージが貰えるように
  2. Facebook:アカウント作成時にまだFacebookに参加していない友人に招待メールを送信できるように
  3. Hotmail(Outlook):メール送信時にメールの文末に「Hotmail.comでフリーメールをゲットしよう」と記載した

 

紹介を利用する時に一番大切なことは、「1ユーザーが2ユーザー以上紹介できるようにすること」

 

口コミのように「ほんの少しの違いで大きな結果をもたらすもの」を探し続けることがポイント。

 

バタフライ・マーケティングとは?

口コミマーケティングは元々、「バイラルマーケティング」という概念で提唱されたものです。

Mike Silsaimeが提唱した概念で、「ほんの少しの違いが大きなマーケティングの違いを生む」というものでした。

 

実際、ネットが普及した後は少しの工夫だけで爆発的にユーザーを伸ばした企業が多数あります。

今回の記事では、代表的な成功事例を見ていきます。

 

口コミマーケティングの成功事例

代表的な成功事例を3つ挙げていきます。

 

DropBox:他のSNSでの拡散を利用

DropboxはTwitterやFacebookで拡散すれば、追加ストレージが貰えるようにしていました。

初期の頃だけに利用されていた施策ですが、初期の集客には非常に役立ったそうです。

DropBoxは現在、創業8年で5億人のユーザー数を獲得しています。

 

Facebook:友人を招待しやすいように設計

Facebookは利用開始時に既に利用している友達が表示されるようにしています。

また、まだ利用していない友人に招待メールを送ることもできます。

Facebookは現在、全世界で最もSNS人口が多く、28.6億人です。

 

Hotmail(Outlook):メールの文末に招待文を記載

 

Hotmailは現在Microsoftに買収され、Outlookメールになっています。

Hotmailが初期に利用した施策として、Hotmailはメールの文末に招待文を記載するようにしていました。

この2行の招待文だけで、半年で100万人の利用者を獲得したと言われています。

 

口コミや紹介を利用する時に一番大事なこと

口コミや紹介を利用する時に一番大事なことは、「1ユーザーが2ユーザー以上招待するようにすること」です。

招待しやすい仕組みを作ることも大事ですね。

今年の初めに流行ったClubhouseも、一人2名だけの招待制度があったから一気に流行が来たのだと思います。

 

口コミのように「ほんの少しの違いで大きな結果をもたらすもの」を探すことが大事

バタフライ・マーケティングを提唱したMike Silsaimeは「少しの違いが大きな違いをもたらす」ことを主張していました。

ぜひあなたも、「大きな違いをもたらす少しの違い」を探してください。

 

ホームページに一つのボタンを設置することかもしれません。

セミナーを招待制にすることかもしれません。

アフィリエイトを設計することかもしれません。

 

「大きな違いをもたらす少しの違い」のことを、英語では「difference that makes difference」と呼びます。

過去の成功事例や違う業界の現在の成功事例を取り入れるだけでも、大きな違いになるかもしれません。

 

口コミマーケティングの成功事例【バタフライ・マーケティング】のまとめ

Mike Silsaimeが「ほんの少しの違いで企業を大きく成長させるためには、紹介が大切である」と初めて主張した。

紹介を利用するマーケティング(口コミマーケティング)は元々「バタフライ・マーケティング」と呼ばれていた。

※口コミマーケティングはバイラル・マーケティングとも呼ばれます。

 

口コミマーケティングの成功事例としては以下の3つが有名

口コミマーケティングの成功事例

  1. Dropbox:TwitterやFacebookで拡散すれば、追加ストレージが貰えるように
  2. Facebook:アカウント作成時にまだFacebookに参加していない友人に招待メールを送信できるように
  3. Hotmail(Outlook):メール送信時にメールの文末に「Hotmail.comでフリーメールをゲットしよう」と記載した

 

紹介を利用する時に一番大切なことは、「1ユーザーが2ユーザー以上紹介できるようにすること」

 

「ほんの少しの違いで大きな結果をもたらすもの」を探し続けることがポイント。

 

マーケティングに関するこちらの記事もオススメです

3core-market
【マーケティング戦略の基本】人がお金を使う3つの市場とその活用の仕方

自分の商品・サービスをもっと効果的に宣伝したい 自分の手で新しい市場を切り開きたい 市場のマーケット、サブマーケットとは何かを理解したい   そんな方に向けて、今日は「人がお金を使う3つの市 ...

続きを見る

 

how-to-create-nitch
ニッチとは?わかりやすく新しいニッチを創り第一人者になる方法を解説!

「ニッチを狙え」ってよく言われるけど、結局ニッチって何? 自分の手で新しいニッチ市場を切り開きたい ニッチを利用したビジネスを展開したい   そんな方に向けて、今日は「ニッチとは何か?」「ニ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

しょち先生

物販で高利益なビジネスを実現するマーケティング&独立副業コーチ。21歳で物販ビジネスをはじめ、物販・ネットコンサルタントとして独立。副業から独立を目指す社会人を多数指導し、現在は高利益なビジネスを生み出すマーケティングの総合支援、副業支援を行う。ちなみに金沢大学の医大生。

-マーケティング
-