マーケティング

効果的なネット広告の2つの種類と予算配分【広告代理店は教えてくれません】

  1. HOME >
  2. マーケティング >

効果的なネット広告の2つの種類と予算配分【広告代理店は教えてくれません】

  • ネット広告の種類を知りたい
  • 効果的なネット広告の予算配分を知りたい
  • ネット広告でお金を無駄にしたくない

 

そんな方に向けて、今日は「効果的なネット広告の2つの種類と予算配分」を紹介します。

「Expert Secrets - Russell Brunson」に記載されていた内容をわかりやすく解説していきます。

 

ネット広告でお金を無駄にしたくない方は、ぜひこの記事をご覧ください。

 

この記事では医大生貿易商のしょち先生が解説しています。

しょち先生の詳しいプロフィールは以下の記事を読んでください。

しょち先生のプロフィール・これまでの失敗を全て暴露します【2021年版】

しょち先生の自己紹介のページをご覧いただきありがとうございます。 このページでは、私のこれまでの人生の失敗・挫折・成功・転落を全てお見せいたします。   感情的に行動し、過去の努力を台無しに ...

続きを見る

 

 

効果的なネット広告の2つの種類と予算配分【広告代理店は教えてくれません】の図解

Web-Advertisement

ネット広告には以下の2種類がある

  1. 見込み客を集めるための広告
  2. リターゲティング広告

 

見込み客を集めるための広告は、あなたのことを知らない人をとにかく沢山集めるための広告。

目的はリターゲティング広告のリスト集め。

この広告で成果を出せることは少ないが、全体予算の80%を使うべき。

 

リターゲティング広告は、一度広告を見た人々に見せる広告のこと。

リターゲティング広告こそ成果を出せる広告だが、予算は全体の20%で良い。

 

見込み客を集めるための広告(Prospecting Ads)【1つ目のネット広告】

prospecting ads

 

1つ目の広告は、見込み客を集めるための広告です

※英語では「Prospecting Ads」と呼びます。

※Prospectは「探す」なので、「お客を探している広告」が直訳になります。

 

その名前の通り、あなたの商品やサービスを知ってもらうために運用する広告です。

広告を見せる対象は「あなたの商品やサービスを知らない人」になります。

そのため、とにかく沢山の人に広告を見せることが大事です。

 

具体的な種類で言えば

  • Googleやヤフーの検索広告
  • オーディエンスを絞らないFacebook・Instagram広告(オーディエンスとは見込み客の特徴だと思ってください)
  • オーディエンスを絞らないディスプレイ広告(画像広告)

などが挙げられます。

 

この広告は、あなたがウェブ広告を運用する際にまず始めに利用する広告になります。

そしてこの広告の目的は商品購入などの成果を出すことではなく、次に紹介する「リターゲティング広告」を運用することが目的です。

そのためこの広告の予算は全体の80%、成果は全体の20%くらいだと見込んでください。

 

リターゲティング広告(Retargeting Ads)【2つ目のネット広告】

retargeint ads

2つ目の広告はリターゲティング広告と呼ばれます。

1つ目に紹介した見込み客を集める広告を見た人、もしくは見た人に似た人に向けて発信される広告です。

このリターゲティング広告こそが、本当に成果を出せる広告になります。

 

1つ目の広告でとにかくウェブページに人を集め、そのウェブページを見た人たちに2つ目の広告を集中して見せる。

これが成果を出せるウェブ広告の運用の基本です。

2つ目のリターゲティング広告の予算は全体の20%、見込みの成果は全体の80%だと思ってください。

 

このリターゲティング広告を出すためには、ウェブページにピクセルやタグを設定する必要があります。

 

また顧客リストを分けて、「ページ訪問者にはこの広告」「ボタンをクリックした人にはこの広告」「メールアドレスをくれた人にはこの広告」など、広告と顧客リストを分ける発想も必要になります。

 

少し難しいのでリスト分けについては詳述しません。

顧客リストについては以下の記事を参照ください。

これを知らずに起業するな!ビジネスで最も価値があるものとは?【ビジネスの基礎知識】

ビジネスにおいて最も大事なことは何でしょうか? この記事では多くの起業家や経営者さえ見逃している、ビジネスで最も大事なことをお伝えします。   この記事でお伝えする内容は、ビジネスの基本中の ...

続きを見る

 

効果的なネット広告の2つの種類と予算配分【広告代理店は教えてくれません】のまとめ

Web-Advertisement

ネット広告には以下の2種類がある

  1. 見込み客を集めるための広告
  2. リターゲティング広告

 

見込み客を集めるための広告は、あなたのことを知らない人をとにかく沢山集めるための広告。

目的はリターゲティング広告のリスト集め。

この広告で成果を出せることは少ないが、全体予算の80%を使うべき。

 

リターゲティング広告は、一度広告を見た人々に見せる広告のこと。

リターゲティング広告こそ成果を出せる広告だが、予算は全体の20%で良い。

 

集客やマーケティングに関するこちらの記事もオススメです

3core-market
【マーケティング戦略の基本】人がお金を使う3つの市場とその活用の仕方

自分の商品・サービスをもっと効果的に宣伝したい 自分の手で新しい市場を切り開きたい 市場のマーケット、サブマーケットとは何かを理解したい   そんな方に向けて、今日は「人がお金を使う3つの市 ...

続きを見る

 

how-to-create-nitch
ニッチとは?わかりやすく新しいニッチを創り第一人者になる方法を解説!

「ニッチを狙え」ってよく言われるけど、結局ニッチって何? 自分の手で新しいニッチ市場を切り開きたい ニッチを利用したビジネスを展開したい   そんな方に向けて、今日は「ニッチとは何か?」「ニ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人

しょち先生

物販で高利益なビジネスを実現するマーケティング&独立副業コーチ。21歳で物販ビジネスをはじめ、物販・ネットコンサルタントとして独立。副業から独立を目指す社会人を多数指導し、現在は高利益なビジネスを生み出すマーケティングの総合支援、副業支援を行う。ちなみに金沢大学の医大生。

-マーケティング
-,